看板娘のつぶやき

2013年10月

2013.10.28

干物は一枚から

有り難い事に、小売り販売希望のお客様が近頃、おられます。

夏は工場の扉が開いていて入りやすかったのですが、

秋風の為、扉が閉まっており入りにくいかとは思われますが、気軽に声をかけて下さいね

多田商店オンラインショップはこちら↓
http://www.tada-company.jp/shop/

2013.10.16

本日天気晴朗なれど

先日の朝、物凄く雨が降りました。

半ば、今日は、乾燥機干しかと諦めていたら、昼前より天気になり、外に干す事が出来ました。
私はその日、
当番だったので、雨でしめしめと思っていたのですが…
天気予報、恐るべし
その日の予報は雨のち晴れ!当たりましたよ。

※当番とは『とび当番』のことを言います。
天日干しのカレイは、工場の屋上の干し場で数時間天日干しをするため、
トンビにさらわれないように、交代で番をするのです。


多田商店オンラインショップはこちら↓
http://www.tada-company.jp/shop/

2013.10.07

薄味は塩のみで

 当社の干物の味付けは塩のみです。

ミクニマルシェ審査会に当社の『水カレイの天日干し』を出品しました。

出品されて品目は10品目ぐらいありましたが、申し込みが遅く審査も一番最後でした。

審査員の方々が順番に審査していくのですが、当社のカレイの前が『フグの味醂干し』・・・

薄味のカレイを試食する前に、濃い味の味醂干しなんて、味がわかるのかしら(_;)

結果は無事認定。当社のこだわり『味付けは塩のみ』は無事認められたようです


多田商店自慢のミズカレイの天日干しはこちら

2013.10.04

曇っていても

あいにくの曇り空。
しかし、こんな日も天日干ししてますよ~

干物は日光を浴びるというよりも、紫外線を浴びて美味しくなります。

紫外線を浴びて美味しくなれるなんて、カレイ君たち羨ましいですね



↓↓多田商店オンラインショップはこちら↓↓

2013.10.01

強火の遠火

 商品のプロモーションの為に、七輪を使って炭火で魚を焼きました。
今回焼いたのは水カレイの天日干しとノドグロの天日干し。
焼けていく様子をビデオで撮影しました。
撮影が終わった魚たちは、美味しくいただきました。
干物は炭火で焼くのが一番美味しいですね
近々動画をYoutubeにアップする予定です。


多田商店オンラインショップはこちらからどうぞ
http://www.tada-company.jp/shop/

Copyright (C) 多田商店 All Rights Reserved.